カテゴリー: Essay

Essay
69 – 地震と本

69 – 地震と本

Essay 地震と本 #69|文・藤田雅史 本が好きな人の家には、本棚があることが多い。 人によって、居住環境によって、そのサイズ感はまちまちだろうけれど、本が増えれば本をどこかに収納したいと思うのが...

Essay
68 – 酔っぱらいと本

68 – 酔っぱらいと本

Essay 酔っぱらいと本 #68|文・藤田雅史 年末に、お世話になっている編集者のNさんとふたりでささやかな忘年会をした。コロナ禍のはじまりの頃から4年ほど一緒に仕事をやってきて、「そのうち飲みまし...

Essay
67 – 東京と本

67 – 東京と本

Essay 東京と本 #67|文・藤田雅史 拙著『ちょっと本屋に行ってくる。NEW EDITION』が先日、発売された。今回は日本全国けっこうな数の本屋さんで取扱があるという。ありがたいことだ。この場...

Essay
66 – アイディアと本

66 – アイディアと本

Essay アイディアと本 #66|文・藤田雅史 「ちょっと本屋に行く」ことがよくある。しばしばある。時期によっては毎日のようにある。何をしに行くのかといえば、本を見に行くのであって、その行為自体はい...

Essay
65 – 車と本

65 – 車と本

Essay 車と本 #65|文・藤田雅史 20年近く乗り続けている愛車が、いよいよ最後のときを迎えようとしている。 ここ数年、エアコンが壊れたり、キーを回してもエンジンがかからなくなったり、やけに燃費...

Essay
64 – 取材と本

64 – 取材と本

Essay 取材と本 #64|文・藤田雅史 「取材と本」というタイトルを見ると、人は、本の原稿を書くために取材をする、そのことについて書くと思うだろう。その苦労を、面倒を、あるいは楽しさを、取材先での...

Essay
63 – 夏休みと本

63 – 夏休みと本

Essay 夏休みと本 #63|文・藤田雅史 今年も山に来ている。毎年、夏になると子連れで山にこもる。山は涼しい。エアコンがいらない。梅雨が明けてからの猛烈な、まさにうだるような暑さから解放されるだけ...

Essay
62 – 電車と本

62 – 電車と本

Essay   電車と本 #62|文・藤田雅史   突然、車が故障した。キーを回してもエンジンがかからず、保険会社のロードサービスにレッカーしてもらい、修理に出すことになった。故障したのが自宅の駐車場...

Essay
61 – 永遠と本。

61 – 永遠と本。

Essay   永遠と本 #61|文・藤田雅史   我ながら呆れる。先々月の「英語学習と本」という稿で、「新年度から、英語学習がはじまった。今のところの計画では、じっくり1年かけて...

Essay
60 – 白黒映画と本。

60 – 白黒映画と本。

Essay   白黒映画と本 #60|文・藤田雅史   このところ、いまひとつ本を読む気分になれない。新しい本を手に取っても気持ちがまったく上がらない。むしろ今はちょっと活字から離...